【今月の健康取材記】

ラジオの健康番組で伺った、専門家のとっておきの話!
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • キズ・ヤケドは乾かさない、消毒しない!:形成外科医・夏井睦 先生
    msfuwafuwa (06/07)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    聖子です。 (11/09)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    乳癌宣告受けました (11/05)
  • 化学物質、放射性物質・・・デトックスの方法はある?:整体指導きらくかん・奧谷まゆみさん
    (04/09)
  • インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
    セララ&#160; (03/01)
  • ホメオパシー:赤坂ロイヤルクリニック 渡辺順二 院長
    ワリオ (12/14)
  • インフルエンザワクチンについて
    ↑ (10/28)
  • インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
    通りすがり (10/28)
  • ホメオパシー:赤坂ロイヤルクリニック 渡辺順二 院長
    マリオ (10/20)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    野母伊志穂 (06/25)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
インフルエンザワクチンについて
 昨年、「インフルエンザワクチンは打たないで」(双葉社)の著者・母里啓子(もりひろこ)さんに伺った内容の一部をご紹介した取材記を書きましたが、インフルエンザの動向が気になる季節に入って以来、そのページへのアクセスがグンと増えておりました。
http://report.seiko-masuoka.net/?cid=30645
 実は、取材記を読んで、あるコメントが寄せられました。それを受けて回答させて頂いていたのですが、皆さんにも読んで頂きたいなぁと思い、以下に転記する事に致しました。


《頂いたコメント》
インフルエンザ脳症:小4女子児童が死亡 今シーズン県内初--五泉市 /新潟

 五泉市の市立小4年の女子児童(10)がインフルエンザ脳症で死亡していたことが5日分かった。同市健康福祉課が明らかにした。県によると、インフルエンザによる死亡は今シーズン初めて。

 同市によると、児童は12月28日、高熱で同市内の医療機関を受診。29日にインフルエンザ脳症と診断され、新潟市民病院に入院したが、3日早朝に死亡した。予防接種は受けていなかったという。

------------------------------------------------
インフルエンザは怖いです。
どうか間違った内容を垂れ流さないでください。
| ニュース | 2009/01/16 3:57 PM |



《聖子がお答えしたコメント》
 コメントをありがとうございます。
 そもそも、政治や企業に影響されることなく、情報発信できる場にしたいと、このサイトを立ち上げました。様々なご意見があって、当然だと思います。色々なお立場があってしかるべきだと思います。
 意見をお聞かせ頂けるのは、とてもありがたいことです。

 ちなみに、インフルエンザ脳症について、母里啓子さんは、著書「インフルエンザワクチンは打たないで」の中で次のように触れていらっしゃいます。

 「インフルエンザ脳症という言葉のせいで誤解されていますが、感染症に伴う脳症は、インフルエンザにかかったときだけ起こるわけではありません。脳症は、感染症にかかり、高熱が出たあとに引き続いて起こる、インフルエンザとは別の病気です。・・・中略・・・
 脳症の原因は、明らかになっていません。
 インフルエンザの感染から脳症になった子供の脳を調べると、インフルエンザ・ウイルスが入りこんでいないし、炎症も起こしていません。ですから、インフルエンザが直接の原因ではないということがわかるのです。・・・中略・・・
 厚生省では1998年、インフルエンザ脳症についての研究班を作り、脳症についての研究を進めてきました。・・・中略・・・ワクチン自体には脳症を防ぐ効果はない、との結果がはっきり出ました。」

 また、母里さんは、インフルエンザ脳症は、日本でのみ特に多いということから、日本で使われてきた一部の解熱剤や抗ウイルス薬の処方に問題があるのかもしれないということに触れていらっしゃいます。

 インフルエンザ脳症で亡くなったお子さんや、ご両親に思いを馳せると、同じ子供を持つ身として何とも言葉がありません。
 これからも、真摯な気持ちで情報発信していきたいと思います。  (増岡 聖子)



 タミフル耐性を持ったウイルスの出現も、タミフル乱用に警鐘を鳴らしていた一部の専門家は予想していました。
 新型インフルエンザへの危惧も考え合わせると、先ずは、個々の体力、気力、自己治癒力、免疫力を充実させることが大切なのではないかと思えてきます。今、自分に出来ること、それは、家族の食を整えること!家族の健康を願うこと!とても単純ですが、きっちり務めていこうと思います。
 
コメント
from: やまなか   2009/05/02 6:03 PM
はじめまして。
今回とうとう新型インフルエンザが発生してしまい、世界中戦々恐々としています。
日本でもやれワクチンだのタミフルだのと騒いでいます。
この緊急事態のような雰囲気の中、母里啓子さんは今どのようなお考えでおられるのかな?
今までのようにインフルエンザワクチンを堂々と否定できるのでしょうか。
この新型インフルエンザについて母里さんの意見を聞いてみたいですね。
from: 聖子   2009/05/08 12:23 AM
やまなか様、コメントをありがとうございます。増岡聖子です。
本当に、とうとう新型インフルエンザが発生してしまいましたね。
 実は、母里さんに取材した折に、もしも新型インフルエンザが発生したら・・・?という質問もしておりました。その時のやり取りから私が理解した内容について、記しておきたいと思います。

 母里さんが、インフルエンザワクチンについて言及していらっしゃるのは、従来のインフルエンザに対して、毎年生産されるワクチンの効果に疑問があるという事実であり、新型インフルエンザは、全く別の問題です。
 つまり、新型インフルエンザの為に開発されたワクチンが、本当にリスクが少なく、感染予防の効果が高い物であるならば、否定する必要はない!・・・のではないでしょうか?
 ただ、従来のインフルエンザに有効なワクチンがナカナカ作れないのに、全く新しいタイプのウイルスに有効なワクチンが簡単に作れるかどうか・・・期待は出来ない気がしませんか・・・!?

 となると、新型だろうが、従来型であろうが、対策と心構えは同じで良いのではないかと聖子は思います。
 奇しくも、政府は、新型インフルエンザが疑われる場合はむやみに病院に駆け込まず、専門機関に先ず電話で指示を仰ぎ、自宅で様子をみるように指導していますよね。
 母里さんも、インフルエンザに感染したら、静かに寝ているのが一番だと仰っています。特効薬も有効なワクチンも無いなら、静かに体の中の嵐が過ぎるのを待つしかないのではないでしょうか?
 勿論、普段、健康な身体であるからこそ言えることです。他の病気と闘っていらっしゃる方にとっては、そんな呑気な問題ではないとお叱りを受けても仕方ありません。
 今、健康であることに感謝しながら、日々を過ごしていきたいと思っております。

 ちなみに、現在アメリカに出張中の知人が、日本での騒ぎを聞いてビックリしているそうです。滞在中のアメリカでは、そんな緊迫感は感じないと・・・。何が、どう違うのでしょうか・・・オーストラリアの友人にも、様子を聞いてみようかと思っています。
from: やまなか   2009/05/18 8:34 PM
増岡さん、返事を有難うございます。

とうとう日本国内でも感染が広がっていますね。
(間違いなく日本でも広がるとは思ってましたが)

それにしても新型インフルエンザに関しての報道には本当に頭に来てます。
毎日毎日「感染が○○ヶ国、何千何百何十何人になりました」と
感染者が一人増える度にちくいち報道しています。
何かいかにも凄く感染が広がってるような言い方で。
どうしてあんな不安を煽るような言い方をするんでしょう、マスコミは!
それなら現在、従来のインフルエンザに感染している人の数も報道すべきですよ。
「現在日本だけでも十数万人の方が感染しています」と。不公平ですよね。

それに今まで突然死の問題などでタミフルに批判的だったニュースキャスターが
「この新型インフルエンザにはタミフルが有効だそうです!」と力説してました。
ガラッと態度が変わってたので、ガクっと来てしまいました。
何なんですか、あのキャスターは!(どの報道番組かは言いませんが)

それから国の対応。
空港での検疫体制といい、まるでドラマのようですね。
これからこのインフルエンザと長い事付き合っていくのに、
どうしたって感染は避けられないのに、何年もああいう体制で居られる訳無いのにね。
国としては何もしないではいられないのでしょうが。

今回の新型インフルエンザは罹っても殆どの人(幼い子も)が従来のと同じように治ってるようなので
個人的には皆早く感染してさっさと免疫つけてしまえばいいと思ってます。

僕は母里さんの考え方にとても共感しています。
まるで違う星から来た異星物のようなこの新型インフルエンザに対する世間の扱いは一体何でしょう。
インフルエンザはいく度となく姿を変えながら今日に至って、人類は長年そのインフルエンザウィルスと共存して来ました。
その証拠に人類は今でも存在しているではありませんか。
これからも共存していけばいいと思ってます。

それに今回は「A/H1/N1」の新型という事なので大した事無いんではないですか?
「A/H1/N1」の新型が人類に脅威を与えるとはとても思えない。
栄養・運動・休養。これに気を付けてやり過ごせばいいと思ってます。

ただそうは言っても少し分からない部分があるので不安な面もあります。^^;

よく鳥インフルエンザA/H5/N1は強毒といいます。インフルエンザの毒とは何ですか?
例えばふぐの毒は「テトロドトキシン」でこれが強毒なので、これは分かります。
インフルエンザは何を持って強毒、弱毒というのですか?
人間の体内で増殖するときに毒を発するのでしょうか。よく分からない。

それと報道で「タミフルが効く」と言ってましたが、実際タミフルはどうなんですかね。
鳥インフルエンザA/H5/N1に対しても服用は意味が無いんでしょうか。
いつか鳥インフルエンザA/H5/N1が発生しても栄養・運動・休養でやり過ごせばいいのかな。
僕は母里さんの考えに賛成で大変参考にさせてもらってますが、少しまだ不安(迷い)はあります。

本当に不安を払拭するために母里さんに直接聞いてみたい。
増岡さんはいいですね、母里さんに直接聞けて。羨ましいかぎり。
いつか機会があれば、聞いといて頂ければ有りがたいです。

こんな時なので増岡さんも体調には十分気を付けてください。
また立ち寄ります。
from: ちる   2009/05/23 1:40 PM
私もやまなかさんと同意見です。
今回の新型インフルエンザはともかく、
強毒と言われる鳥インフルエンザが流行った時は、
どのような心構えで、どう対処すればいいのでしょう?
鳥インフルエンザは、かかっただけで
命を落とす危険が高いのでしょうか?
幼い子供を抱えておりますので、それが心配です。
from: やまなか   2009/05/23 9:18 PM
ちるさん、はじめまして。
鳥インフルエンザは今まで経験したことの無いウィルスで強毒だ、何て言われたら
幼いお子さんをお持ちでしたら、本当にとても心配ですよね。

僕はテレビをはじめマスコミのインフルエンザに関する報道姿勢はひどいと思う、無責任だと思う。腹が立ってます!
鳥インフルエンザは、かかっただけで命を落とすかのような報道をしている番組もあったし、
中にはわざわざ不安をあおる様な怖いイメージのBGMを流しながら報道するひどい番組もありました。
あのBGMは何の意味か、不安を煽って何がしたいのでしょうか。
メディアの影響力は凄いですから、キャスターも含めてもっと冷静な対応をしてほしい。

確かに現在でも極端に衛生状態や栄養状態の悪い地域も含めてハイリスクの方々は
気を付けなければいけないでしょうけど(ただその場合インフルエンザに限ったことではないですね)
普通に生活していれば罹っただけで命を落とす事は無いと思います。

世間の大半の方は、この世からインフルエンザが無くなればいいと思ってるかも知れませんが、
僕はこのままインフルエンザにこの世に居てもらった方がいいかも、と思ってる位ですよ。

妙な事を言い出したでこのオヤジと、お思いかも知れませんが、
インフルエンザが何十億年前から存在していて人類が何十万年前から存在しているのなら
インフルエンザともう何十万年も付き合いがある事になります。
その間散々変異を繰り返している筈です。
今頃になって始めて「新型」になるとは考えられない。
でも人間は廃れるどころか現在のように繁栄して来ています。(・・繁栄と言えるかどうかはさておいて)

それから例えば車。最近随分と減って来ているようですが、それでも毎年、交通事故で5千人以上の人が亡くなっておられます。
その何倍の人が交通事故に遭って大変な思いをされてるでしょうか。
けどインフルエンザみたいに怖がりますか、車をこの世から無くそうと思いますか。
多分殆どの人が思わないですね。
それは何故ですか?それは恩恵を被っているから、車が自分にも利益になる部分があるからですよね。
皆さん危険と隣り合わせは承知の上で、気を付けながら共存していこうという気でいる筈です。
(これもマスコミの影響、大きいですが)

人間の体の中に100兆個もの細菌や微生物が居るのをご存知でしょうか。
内臓の動きや血液の流れなど細胞の働きにこの微生物たちが一役を担っていて、
もし体内からこれら微生物が居なくなれば人間は生きることが出来ないでしょう。
人間も微生物の恩恵を被っていて、微生物と共存して生態系のバランスを保っています。

もしこの世からインフルエンザが居なくなれば、生態系バランスが崩れてどんな事態になるか分からないとも言えます。
代わりにどんなウィルスが台頭してくるか分からないですし、
人々にとって余り馴染みのないウィルスが猛威を振るいだしたら、それこそ人類滅亡の危機になりかねません。
インフルエンザとは何十万年と付き合いがあり、未知のウィルスよりかはまだいいのではないかと。
(もちろん何の根拠もありません)

そういう意味で僕はこのままインフルエンザにこの世に居てもらった方がいいかも、と思うのです。

僕は専門家ではないし(変な宗教家でもないですよ)、ただの気休めに過ぎないですが、
それでも考え方一つで幼い子を持つ人の余計な心配が軽減されればいいなと思います。
インフルエンザに関してはあまり心配する必要はないのではないかと。
今の不安を煽るだけの報道はあまりにひどいですね、本当に。

世間ではたくさんの方が交通事故で亡くなっておられるのに、
一方テレビでファミリー向けの楽しいイメージの車のCMを流しているおかげで
車に対してちっとも恐怖感ないですよね。
それだけメディアの影響は大きいんだから、今回の新型インフルの件でも責任を持って
もっと冷静で正確な報道して欲しいですよ。

僕の子もおかげ様で元気に成長しています。
子供はやんちゃでたくましく育てたいですよね。
from: 聖子   2009/05/27 3:45 AM
 ちるさんも、やまなかさんも、ありがとうございます。
 まさに、インフルエンザは、絶えず変化し続けているウィルス・・・ましてや、新型インフルエンザが、どのような特徴を持ちどのようなダメージをもたらす物であるのか想像もつかないから、誰も知らない「新型」なのですよね!?
 やはり、基礎体力と免疫力、精神力を養っておくしかないと、私も考えています。不安は勿論ありますが、開発されつつあるというワクチンも不安ですから、自分の身体を信じるしかないとドンと構えることにしています。

 マスコミの取り上げ方に問題があるというご意見、耳が痛いです。ですが、その片隅に、少数派の意見も出来るだけ発信していきたいと考える番組もあります。頑張りますねっ!!
              増岡聖子
from:     2009/08/20 5:09 PM
必要なのは「少数派の意見」ではなく,現時点で最も確度の高い情報です。たった一人の医師(しかもかなり高齢かつ知識の亢進がなされていない)の意見を垂れ流すのではなく,きちんと取材をしたうえで発信するのがお仕事ではないのですか?
from: 甲田療法   2009/09/03 7:23 AM
少数派の意見←→多数派の意見。
最も確度の高い情報←→最も確度の低い情報。

上の| |さんは「多数派の意見」は「最も確度が高い情報」だということを言いたいのでしょうか。文章が「混乱」していてわかりません。

少数派であるのに最も確度の高い情報を発信している例は、現代医学の混迷の中ではおおいにありうることです。

しかも最も確度が高いか低いかを判断できるのは現状況では本人しかないように思います。日本語が不充分な| |さんではありません。もちろん現代医学が混迷しているかしていないかの判断も本人でしょう。

私にとっては増岡さんの情報は納得できるものが多いです。



インフルエンザ対策の具体的治療法の一つをご案内します。
http://plaza.rakuten.co.jp/hukohitomi

ついでにこんな掲示板もどうぞ。
「西式健康法掲示板」。
つかさ君やひでちゃん達の自己治療の意見交換・励まし合いに感激します。



from: 聖子   2009/09/06 12:09 AM
 ||さんの「少数派の意見を垂れ流すのではなく・・・」というご意見、どのようにお返事しようかと考えている内に、甲田療法さんのコメントを頂いてしまいました。
 ありがとうございます。
 甲田療法さんに援護射撃していただいたように、多数派が正しいとは残念ながら言えない状況に多く接してきました。
 組織の中では、本音と建前を使い分けるというのは何処の世界でもあることでしょう。組織を離れてやっと本心を明かせるという事もあるのではないでしょうか?私の申しました『少数派』とは、まさにこれに当たります。
 私の担当しております健康番組も、当初は、大学病院や総合病院の医師に一般的な治療法を伺うというケースが殆どでした。
 学会に出かけられた先の宿泊ホテルにスタジオから電話を繋いで収録!スケジュール調整をしてくださるのは、製薬会社の営業マン。製薬会社の担当者が控える部屋でインタビューに答えてくださるお医者様が、「最近は、良い薬が出来ましたから・・・」と答えるのは当たり前です。
 腕が良いと評判の大学病院の若い医師に取材を申し込むと、「どなたが聞いているか判らない公共の電波で、自分の師や先輩方と違う見解を述べるような事にでもなったら大変なのです。若い医師は、皆そう考えるでしょう。教授クラスの偉い先生方に取材の申し入れをする方が良いのではないですか?」と、断られたこともあります。
 多数派の情報は溢れています。だからこそ、少数派の情報を発信する者の存在も必要なのではないでしょうか!?
又、それを鵜呑みにするのではなく、皆さん一人一人が取捨選択して吟味してくださることを願うばかりです。


増岡聖子
from: なな   2009/10/21 3:29 PM
中3の息子が夕方38.8度の熱を出しました。
その日、クラスは新型インフルをふくめて10人の欠席者が。

うちは、以前から代替療法のホメオパシーをやっているので、今回もホメオパシーで対処したところ、翌朝には37.1度、昼過ぎには36,5度で復活できました。
インフルには、近代西洋医学の他にも色々な方法があると思います。
それぞれ、自分に合った健康法を見つけておくことも大切かなと思います。

from: いい加減にしろ   2009/10/22 1:45 PM
>なな

宣伝はやめなさい。ホメオパシーはインフルエンザには効果はない。

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1240968090

from: まねちゃん   2009/11/01 5:20 PM
初めまして。今日、初めて母里さんを知りました。普段から免疫力を高める食事に心がけ やまなかさんのおっしゃるように 休養と運動を取るようにしています。この前、子供の幼稚園バスの送りの時にインフルエンザ脳症の話になり、インフルエンザが原因だはないこと、話しましたが皆さん一応に熱性痙攣を持ってるから怖いといわれ、反論できませんでした。熱性痙攣を持っている子供は やはり解熱剤等が必要なのでしょうか?普段から自己免疫力を上げる為に一緒に勉強しようと薦めていますが、反応悪くて。熱性痙攣の件教えて下さい。宜しくお願いします。有難うございます。
from: 浅見真規   2009/11/12 11:37 PM
はじめまして。
母里啓子さんの「インフルエンザワクチンは打たないで」を斜め読みしました。
母里啓子さんのタミフル批判の部分は、発症初期では偽陰性になりやすい簡易検査で陽性になってからでは手遅れというのがタミフル批判での大きな理由でしたが現時点では訂正されるべきです。なぜなら、今年9月に厚生労働省が新型インフルエンザ流行に際して検査せずにタミフル等の抗インフルエンザウイルス薬投与可能との指示を出したからです。
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/hourei/2009/09/dl/info0915-01.pdf
ほとんどの場合タミフルが有効な新型インフルエンザでは、こまめな体温測定で発症早期発見すれば、ほとんどの場合はタミフル早期投与で症状が軽いうちに治療可能でしょう。また、従来型の季節性インフルエンザのAソ連型ではタミフル耐性が多いですが、従来型の季節性インフルエンザでは子供の場合は麻黄湯を早期投与すればタミフル並みの効果があるそうです。
尚、インフルエンザ脳症については母里啓子さんと同じく、日本小児科学会も一部の解熱剤(アスピリンやジクロフェナクナトリウムやメフェナム酸)の危険性を指摘しているようです。(厚生労働省HP記事参照)
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/iencepha.html
ただし、アセトアミノフェン(市販薬では「タイレノール」等)は比較的安全みたいです。
from: 浅見真規   2009/11/12 11:39 PM
連続投稿失礼します。
現在のインフルエンザワクチンは新型も季節性も成分ワクチン(HAワクチン)の添付文書には別の薬剤(全粒子ワクチン)のデータ[Sugiura, A. et al.(1970)]が不正流用されてます。
この事について、厚生労働省・医薬食品局の審査管理課・キムラ氏と安全対策課・イケガミ氏の二人に確認要求し、二人は別の薬剤である全粒子ワクチンのデータ流用の事実を確認しました。
尚、全粒子ワクチンのデータの不正流用だけでなく、インフルエンザワクチン添付文書に「ハズレ年」の20%程度の低い有効率のデータを載せないのが可能なシステムになっている添付文書の構造的不適正もあります。

尚、上記の事を私のHPの記事にしました。
http://masanori-asami.hp.infoseek.co.jp/JP/influenza/vaccine_unfairness.htm
from: とおりすがり   2009/11/23 5:03 PM
> 厚生省では1998年、インフルエンザ脳症についての研究班を作り、脳症についての研究を進めてきました。・・・中略・・・ワクチン自体には脳症を防ぐ効果はない、との結果がはっきり出ました。」

とお書きになっていますが、この理屈おかしくありませんか?議論になっているワクチンは、あくまでもインフルエンザウイルスに対する予防抗体で、脳症を防ぐ目的で作られているものではありません。ウイルスが脳症を起こすかどうかという議論ならまだ理解できますが・・・。理屈にあった議論をしないと論点そらしをやっていると誤解を受けます。

from:   2010/10/28 11:14 AM
ということはインフルワクチンが脳症を防ぐために必要ですと宣伝してる
マスコミや製薬メーカーは詐欺師ですね。

母里さんと連絡とりたいことがあるのですが
管理者様はまだ母里さんと連絡とれるでしょうか?

mixiコミュニティでよってたかって母里さんを誹謗中傷をしているグループがあるので
ネットでもmixiの場合個人特定も出来ますから
法的手続きなど起こしたほうが良いのではと思っています。
ここにはかけないような言葉で議論ではなく単なる中傷しています
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://report.seiko-masuoka.net/trackback/750853
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.