【今月の健康取材記】

ラジオの健康番組で伺った、専門家のとっておきの話!
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • キズ・ヤケドは乾かさない、消毒しない!:形成外科医・夏井睦 先生
    msfuwafuwa (06/07)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    聖子です。 (11/09)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    乳癌宣告受けました (11/05)
  • 化学物質、放射性物質・・・デトックスの方法はある?:整体指導きらくかん・奧谷まゆみさん
    (04/09)
  • インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
    セララ&#160; (03/01)
  • ホメオパシー:赤坂ロイヤルクリニック 渡辺順二 院長
    ワリオ (12/14)
  • インフルエンザワクチンについて
    ↑ (10/28)
  • インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
    通りすがり (10/28)
  • ホメオパシー:赤坂ロイヤルクリニック 渡辺順二 院長
    マリオ (10/20)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    野母伊志穂 (06/25)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
おきらく整体:整体指導師・奧谷まゆみ さん
 「体のどこかが痛かったり、動きにくくなったり・・・これは、使い方に問題があって体が注意を呼びかけている信号の一つ、よく耳を傾けてどうすれば良いのかを考えていきましょうよぉ〜!!
 身体って凄いんだよぉ〜、生きてるって、それだけで凄いんだよぉ〜っ!!」


 奥谷さんにこの番組でお話を伺うのは、2度目です。よく通る声で、まさにお腹から、安心感と優しさと元気のエネルギーと・・・声だけでなく、言葉と一緒に色んなものが湧き出てくる、そんな最初の印象のままの奥谷さんです。
 東京八王子の高尾山(今や癒しのスポットとして大人気の高尾山!)に、からだクリエイト きらくかんを開設したのが1998年、それ以来、まさにその名の通り、身体を気楽にクリエイトする・身体をクリエイトして気を楽にする・・・そんな活動をなさっているのです。

 整体師としての活動より、奥谷さんは整体指導をとても大事に考えています。つまり、今痛い所を治しても、根本的な原因へのアプローチが無ければ、又しばらくすると同じ所が痛んでくるのは当たり前。何に対して体がサインを送っているのかを見極めていくことが、本当に痛みを取るコツなのです。まさに、身体の為のカウンセラーの役目も担って下さる。
 要は、使い方の間違いを、本人が認識して改善していかなければ、身体は又いつもの悲鳴をあげてしまうことになるという訳です。

 目や頭を使うことばかりが多くなった私たち、頭を使うと神経の束である背骨が緊張します。身体を使わなくたって、体のど真ん中が緊張しているので疲労感を覚えるのは当然です。目や頭を休めなければならない人が、いかに多いことでしょう。
 日本人は、随分スタイルが良くなりました。でも、大きな骨盤までは変化していません。この骨盤を支えるには、内側の筋肉を鍛える必要があります。でも、トイレ、ちゃぶ台・・・生活様式が変わって、立ったり座ったりの動きが昔に比べて激減しています。その分、筋肉が育っていないのですから、意識して動く必要があります。


 如何ですか?奥谷さんのお話は、本当に素直に頷けることばかり。身体がどうなっているのか、季節によっては・・、生活環境によっては・・・自分の身体の捕らえ方のヒントが沢山含まれています。
 先ずは、「おきらく整体生活」(ちくま文庫)、「女力は骨盤力」(主婦と生活社)など、奥谷さんの本を読んでみませんか?

からだクリエイト きらくかんのホームページはこちら
http://www.kirakukan.ecnet.jp/12.html


コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://report.seiko-masuoka.net/trackback/743796
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.