【今月の健康取材記】

ラジオの健康番組で伺った、専門家のとっておきの話!
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • キズ・ヤケドは乾かさない、消毒しない!:形成外科医・夏井睦 先生
    msfuwafuwa (06/07)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    聖子です。 (11/09)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    乳癌宣告受けました (11/05)
  • 化学物質、放射性物質・・・デトックスの方法はある?:整体指導きらくかん・奧谷まゆみさん
    (04/09)
  • インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
    セララ&#160; (03/01)
  • ホメオパシー:赤坂ロイヤルクリニック 渡辺順二 院長
    ワリオ (12/14)
  • インフルエンザワクチンについて
    ↑ (10/28)
  • インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
    通りすがり (10/28)
  • ホメオパシー:赤坂ロイヤルクリニック 渡辺順二 院長
    マリオ (10/20)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    野母伊志穂 (06/25)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
京都在住のセラピスト:巌 美稚子先生
巌 美稚子先生は、薬剤師であり、気功セラピストであり・・・京都市立病院で糖尿病治療の一環として気功ウォーキングを開発・指導。素晴らしい結果を生んでいるのです。

そもそも、筋肉には、激しく瞬発力を要する動きをする時に使う筋肉と、ゆったりと静かに動かすときに使う筋肉とがあるそうです。この内、持続力を支える方の赤筋には、糖を体外に運び出すタンパク質GLUT4が多く含まれています。その赤筋が一番大きい大腿部に負荷をかけ、血液を注ぎ込む気功ウォーキングは、心拍数を上げる事なく血糖値を下げていくという訳です。だから、心臓の弱い人だって、子供からお年寄りまで、多くの方に実践可能な運動だと言えるのです。

詳しくは、巌 美稚子先生のホームページ「ARTI」をご覧ください。
「ARTI」→http://www.arti-news.com/



さて、気功ウォーキングは、糖尿病患者さんにとって医学的評価の高い運動療法のひとつですが、注目すべきは、ゆったりと体を動かしているだけで、糖がどんどん代謝されていくという事実。つまり、ダイエット効果も期待出来るということではありませんか!!

実際に、食事療法なしで1年間で7キロも減量したという生徒さんもいるとか・・・。
勿論、毎日、ちゃんと実行しなければなりませんが・・・・。解っているだけど・・・の典型が、何を隠そう、この増岡聖子なのでありました。

コメント
from: -   2007/07/19 5:46 PM
管理者の承認待ちコメントです。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.