【今月の健康取材記】

ラジオの健康番組で伺った、専門家のとっておきの話!
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • キズ・ヤケドは乾かさない、消毒しない!:形成外科医・夏井睦 先生
    msfuwafuwa (06/07)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    聖子です。 (11/09)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    乳癌宣告受けました (11/05)
  • 化学物質、放射性物質・・・デトックスの方法はある?:整体指導きらくかん・奧谷まゆみさん
    (04/09)
  • インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
    セララ&#160; (03/01)
  • ホメオパシー:赤坂ロイヤルクリニック 渡辺順二 院長
    ワリオ (12/14)
  • インフルエンザワクチンについて
    ↑ (10/28)
  • インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
    通りすがり (10/28)
  • ホメオパシー:赤坂ロイヤルクリニック 渡辺順二 院長
    マリオ (10/20)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    野母伊志穂 (06/25)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ダンサーが感じる季節の変化(春〜初夏):バレリーナ・橋本苑子さん
 取材記更新が滞っています。取材済みの情報が、随分溜まっています。
m(__)mそれもこれも、クラシックバレエコンクールに挑戦し始めた娘に振り回されて、母の時間が大幅削減!あ〜ぁ、もう・・・と溜息の一つや二つも出てきそうです。
 そんな中、以前、身体に敏感なバレエダンサーが、どのように季節を感じているのかという取材に応じてくださった橋本苑子さんのページへのアクセスが又、増えています。内容が冬編であったにも拘らず、読んでくださった皆様、ありがとうございます。
http://report.seiko-masuoka.net/?cid=51095
 春編を・・と思っている間に、気温の大きな変動を経て、初夏を迎えてしまいました。
 そこで、橋本苑子さんに伺う第2弾、春〜初夏編をお届けします!(苑子先生、今回もご協力、ありがとうございました。)


 寒い季節から暖かい季節に向かう時、数ある身体の変化の中で特筆するべきことは、心と身体のバランスがとりにくいという事!思いっきり動きたいという気持ちとは裏腹に、身体がついてこない・・・発散できなくて、更にバランスを崩してしまう・・・。
 冬眠から目覚める動物もこのように感じているのではないかと仰るのですが、ダンサーにとって、筋肉を傷めたりする怪我が多くなりやすい、要注意の時期なのだそうです。これは、ダンサーに限らず、我々全てに当てはまる傾向かもしれません。


 実は、これまで幾度か取材をさせて頂いた整体指導師・奧谷まゆみさんも、繰り返し仰っています。
 春は、本来、後頭骨・肩甲骨・頬骨・骨盤が開いて生殖器が活発に働く時期。気持ちも、ふわふわウキウキ、多くの動植物が命の誕生を迎える、何だか楽しい時期です。
 なのに、現代人は目を酷使し過ぎる為、後頭部も背中も骨盤もガッチガチに凝って、張り付いたようになっている人が多い!動きが悪くなっている人が多すぎる!!身体が、暖かい季節について来ていない訳ですね。

 長谷川淨潤氏は著書の中で、骨盤の弾力がなくなると嗅覚が鈍るとも仰っています。折角の春の花の香りも、感じられなくなってしまう・・・、これは、骨盤の働きが鈍っている為、性ホルモンの分泌が少なくなっていることに関係があるのかもしれないとか。
 整体の世界では、嗅覚を取り戻す整体法で、不妊症だと思っていた方が妊娠するなんていうこともあるそうです。

 さて、しっかりと春の身体になっていない間にも、季節は初夏へと進んでいきます。今度は、胸筋が緩み、胸が開かれて呼吸器が活発になる、新陳代謝も急激に活性化されてくるのだそうです。
 春の身体になっていない内に呼吸器系が活発になってくると、身体の準備が間に合いません。喘息の方にとって、初夏〜梅雨の時期は発作が多いと言われているのも頷けますね。
 動物としての人間の身体は、季節の営みに呼応できないまま、心と身体のアンバランスを強めていくのかもしれません。
 大変ですっ!!あるべき状態に身体を緩ませてあげなければ、破綻してしまいそうです。



 そこで、橋本苑子さんにダンサーではなくても出来る、ストレッチを考えていただきました。張り付いた肩甲骨を剥がしてあげなくては・・・・。是非、やってみてください。
 ただし、決して反動をつけて行なわないこと、ゆっくりと無理をしないこと!筋肉を傷めないよう、気持ちの良いところで止めてください。

妓綟部・肩甲骨を緩めるストレッチ
 ‐欧忘造蝓足の裏をピッタリくっつけ、足首の上辺りに手を添える。
 尾てい骨から肩甲骨の下までは、床に垂直にキープしたまま、頭の重さを利用してゆっくりと頭を前に倒していく。
 うな垂れた状態のまま、今度はゆっくりと首を左右に動かし、肩甲骨の周りの筋肉を伸ばす。
 ね祥気ある人は股関節部分から上体を前に倒していく。
 イ罎辰りと、元の状態に戻る。

暁愧譱澗里離好肇譽奪
 ‐欧忘造蝓足の裏をぴったりつけた状態から、左足だけを横に開脚する。
 右手は耳の横につけて伸ばし、左手は腰の後ろ側に当てる。
 そのまま、開脚している左足の方に状態を倒して、気持ちの良いところで10秒キープ。
 ずE戮呂修里泙沺猫背の状態になって斜め左前に右手と上体を移動して10秒キープ。
 イ罎辰りと元に戻り、反対も行う。

 いかがですか?
あくまでも、反動をつけた勢いで動かすのではなく、ちょっとずつ、遠くに引っ張っていくようなイメージで試してみてください。
3セットずつやると、ちょっと背中が軽くなったような気がしてきます。
・・・とはいえ、いつの間に身体がこんなに硬くなったのでしょう!?曲げているつもりが・・・倒しているつもりが・・・・娘には決して見せられない不恰好な体勢ですが、少しずつ柔らかくほぐしていきたいと思います。
 苑子先生、次は夏編をお願い致しますね(*^^)v

 
 さて、橋本苑子さんのHPはこちらです。

http://www.sonoko.info/
 
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://report.seiko-masuoka.net/trackback/1045811
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.