【今月の健康取材記】

ラジオの健康番組で伺った、専門家のとっておきの話!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • キズ・ヤケドは乾かさない、消毒しない!:形成外科医・夏井睦 先生
    msfuwafuwa (06/07)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    聖子です。 (11/09)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    乳癌宣告受けました (11/05)
  • 化学物質、放射性物質・・・デトックスの方法はある?:整体指導きらくかん・奧谷まゆみさん
    (04/09)
  • インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
    セララ&#160; (03/01)
  • ホメオパシー:赤坂ロイヤルクリニック 渡辺順二 院長
    ワリオ (12/14)
  • インフルエンザワクチンについて
    ↑ (10/28)
  • インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
    通りすがり (10/28)
  • ホメオパシー:赤坂ロイヤルクリニック 渡辺順二 院長
    マリオ (10/20)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    野母伊志穂 (06/25)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
9月29日開催!第4回ガンの患者学ワールド:川竹文夫さん
 NPO法人ガンの患者学研究所代表:川竹文夫さんにお話を伺うのは、今回の取材で2回目です。川竹さんご自身も元ガン患者。こちらでは、「西洋医学に頼るだけではガンは治らない!辛い治療と闘わなければならないだけでなく、死という否定的なイメージとも闘わなくてはならない!これでは、自己免疫力は落ちていくばかりだ。」ということを、実際に『治ったさん達』が訴えています。

 では、どうすれば良いのかということを、ガンからの生還者達『治ったさん』達が、情報提供するべく、セミナーや講演会、イベントを精力的にこなしています。現在、治ったさん達のデータベースを製作中だそうですが、最終的には200人くらいになるでしょうとのこと。前回の取材時の治ったさんは124人と伺っていましたから、随分お仲間が増えた訳です。つまり、生活を変えることでガンを治してしまった人が増えているのです。

 ガンが治るのは不思議でも何でもないことだと、川竹さんは仰います。例えば・・・ストレスは病気の大きな原因となります。でも、ガンの原因となるストレスは、日常にありふれていて、どうということのない、ずっと続く慢性的なもの。一方、心臓病などの原因となるストレスは、リストラ・災害といった突然思い掛けなく起こる短期的なショック。これらを比べてみると、ガンの原因となるストレスは、心の持ち様で回避できる。だから、ストレスを取り除けば、ガンの居場所はなくなるというのです。確かに、後者のストレスは防ぎ様がありませんが、前者のストレスの方が何とかできるような気がします。
 生真面目で本心を言えない、他人の利益を優先して、嫌なことに嫌といえず生返事をしたままクヨクヨ・・・こんなタイプの人がガンに罹ってしまうといいます。こんなタイプの人には、断る練習をしてもらうのだそうです。「ちょっと無理です。」「今回は気が進まないので止めておきます。」こんな意思表示ができるようになれば、クヨクヨすることもストレスを抱えることも無くなって、自己免疫力も上がる!


 9月29日(土)10:00〜19:00 神奈川県海老名市文化会館大ホールにて「第4回 世界一元気 ガンの患者学ワールド」が行われます。今回の講師は、医師でありながら、自らの末期がんを西洋医学以外の方法で完治させた星野仁彦さん、引き受け氣功の創始者・藤谷康允さんなど多数!!詳しくは、ガン患研のホームページをご覧下さい。

 当日、私も取材で伺う予定です。講師の先生方の声、治ったさん達の声をお届けできればと思っております。でも何より、前回伺った時もそうでしたが、会場にいらっしゃる皆さんの生きる姿勢や意欲から反対にパワーを頂くのが楽しみなんです。
ガンの患者学研究所
心停止にまで至った末期がんの元患者さん、余命三年と言われた元患者さん・・・そうです、ガンを克服した「治ったさん」たちの声には、ビックリする事がたくさん!
ガンの患者学研究所の代表:川竹文夫さんにお話を伺いました。
『現在、日本には、がん患者の心のケアをする団体は何十もあるけど、「ガンは治るんです!」と言い切るところはうちだけです。ガンは再発するもの、治らないものと、皆、どこかで思い込んでいる。でも、手術も、抗がん剤も、放射線治療も、必要ありません。ガンは、生活習慣病なんです。つまり、食生活・生活のスタイル・心の持ち方、この三つの乱れを直せば、ガンの原因は取り除けます。

■食生活・・・動物性の脂・タンパク質、また、糖質などの摂取を出来るだけ避け、玄米菜食を心がける。
■生活スタイル・・・睡眠不足・夜型の生活・運動不足などを解消する。
■心の持ち方・・・ストレスを溜めない。また、ストレスを感じないものの考え方をする。


こうして、生活習慣の乱れを改めれば、ガンの原因はなくなり、自然退縮でガンは消えてしまいます。実際に、治ったさんの会員は、現在124名です。』


 実際に、ご自分もガンを克服した川竹さんは、ガンをニキビに例えたりしながら、原因も治療も実はとても単純なものであると解説してくださいました。
 又、川竹さんは、日本ウェラー・ザン・ウェル学会という新学会を立ち上げられました。理事として、世界的な免疫学者・安保徹先生、環境問題評論家・船瀬俊介さんなど、名だたるメンバーが顔を揃えていらっしゃいます。
 これからは、医師が治った患者に学ぶ時代。「自然治癒」と言う言葉さえ出てこない現在の医学部の教科書を変えたい、医学部で使う教科書を作るのも、この学会の一つの目標だとか。
 現在、ガンと闘う患者さんたちの強い味方!でも、健康な人こそ、学ぶべきことが沢山ありそうだと感じた増岡聖子でありました。

NPO法人 ガンの患者学研究所 http://www.naotta.net/ 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.