【今月の健康取材記】

ラジオの健康番組で伺った、専門家のとっておきの話!
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • キズ・ヤケドは乾かさない、消毒しない!:形成外科医・夏井睦 先生
    msfuwafuwa (06/07)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    聖子です。 (11/09)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    乳癌宣告受けました (11/05)
  • 化学物質、放射性物質・・・デトックスの方法はある?:整体指導きらくかん・奧谷まゆみさん
    (04/09)
  • インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
    セララ&#160; (03/01)
  • ホメオパシー:赤坂ロイヤルクリニック 渡辺順二 院長
    ワリオ (12/14)
  • インフルエンザワクチンについて
    ↑ (10/28)
  • インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
    通りすがり (10/28)
  • ホメオパシー:赤坂ロイヤルクリニック 渡辺順二 院長
    マリオ (10/20)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    野母伊志穂 (06/25)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
乳癌画像診断の第一人者:戸崎光宏 放射線科医師に伺う!
JUGEMテーマ:健康


 欧米に比べて日本人は、乳癌の罹患率・死亡率が低いと考えられていました。ところが、未だ欧米ほどではないとはいえ、今や年間4〜5万人の日本人が乳癌に罹患、1万人以上が死亡すると聞けば、誰しも驚いてしまうでしょう。 日本人の乳癌が、確かに増えているのです。
 もっと、分りやすく・・・1990年、つまり20年前の乳癌の罹患者数が丁度今の半分!たった20年で、倍になったのだそうです。右肩上がりのグラフを想像してみてください。危険信号が灯っているような気がしてきませんか?

 乳癌画像診断の第一人者:戸崎光宏 放射線科医師(亀田メディカルセンター乳腺科 部長 ・八重洲クリニック 乳腺外来 顧問)に取材させていただいてから、随分経ってしまいましたが、伺った内容は衝撃的でした。遅ればせながら、記していきたいと思います。


 これまで、遺伝性乳癌は日本には無いと考えられていました。
しかし、ここ3年ほどで常識が変わったと、戸崎先生は仰います。
 日本人にも、遺伝性乳癌は欧米人と同じくらい存在する!!乳癌患者の1割が、遺伝的体質を持っているとわかってきたそうです。・・・だとすると、家族・血縁者に乳癌患者がいる人の10人に1人は、乳癌になる可能性がある!ということですよね!?

 一方、日本人の乳癌には、欧米人のそれとは違う特徴もあるのだそうです。
 欧米では、年配の方々にピークが見られるのに、日本人は40代50代にピークが見られる!つまり、まだまだ若く活動的な内に、乳癌に罹かってしまうケースが多いのだとか。
 これには、日本人の乳腺は密度が濃いくて乳房が小さい・・・要するに、乳腺が密集していることに因果関係があるのかもしれないと考えられているそうですが、はっきりとした原因が解っているわけではないのだそうです。

 さて、乳癌検診を定期的に受けている方も、多いことでしょう。
欧米では、30年も前からスタートしていたマンモグラフィー(X線画像診断)が日本に導入されたのは、10年前だそうです。
 それまで主流だったエコー(超音波画像診断)よりも、マンモグラフィーの方が良いと思われがちですが、実のところ、日本人の特徴である乳腺の密度が高いということから、マンモグラフィーは向かない人が多いというのも現実なのです。ただし、エコーの場合は、技術者の判断した画像だけを残すため、技量がより問われるということになります。
 又、驚いたことに、40歳未満の若い人への有効な画像診断は、未だ確立されていないのだそうです。
 何処で、どのような検査を受けるのかを、自分でしっかりと選択していく必要がありますね!!

 
 遺伝性などを考慮して、完璧に検診したい方も中にはいらっしゃるでしょう。実は、MRI(磁気共鳴画像診断)ですと、乳管の中に癌が留まっている状態の非浸潤癌の検出率は92%なのだそうです!マンモグラフィで56%だといいますから、MRI検査を受ければ、早期発見早期治療が可能になってきます。
 ただし、高価な検査になりますので、定期検診には向きませんね。
 又、今、日本のMRIの現場は、正しく撮れているかどうかさえ疑問・正しく判定されるかは、更に疑問!診断機器も、年数を追うごとに性能が良くなるが、どの病院に何があるのか情報不足!なのだそうです。


 何処で、どんな検査を、どんな機器で、誰に受けるか、そして誰に診断してもらうのか・・・・・運・不運が健康を左右するのかもしれません。それが、今の日本の乳癌画像診断の現状のようです。

 でも、明かりは見えてきています♪
 戸崎光宏先生は、お仲間と乳癌画像診断ネットワークをNPO法人として立ち上げ、診断能力を備えた医師の育成、一般への情報公開などを行っていく準備を進めていると仰っていました。
 是非是非、一日も早く明るく照らしていただけるよう、心から応援させていただきます♪♪とお声掛けをして、ラジオの収録を終わらせていただきました。

 先生、本当によろしくお願い致しますねっ!!
それから、最後に、「乳がんは唯一、自分で見つけられる癌。1ヶ月に1度は、自己検診を!」と、戸崎先生が仰っていました!!




亀田メディカルセンター 乳腺科
http://www.kameda.com/medi_services/information.php?d=26&i=6







老化に抵抗するための日々の食事!・・・・・産婦人科医:別所健史さん
JUGEMテーマ:健康


 [健康取材記の更新を怠っていました。ご報告すべき取材が溜まっていて・・・あ〜ぁ、どうしましょう!!
とりあえず、最新の取材報告から・・・と書きかけて、早数週間・・・ガンバリマス。]



 一日一日、私たちは否が応でも老化していくわけですが、出来れば、身体の機能も見た目も若々しくありたい!!エイジング(老化)とかアンチエイジングという言葉を耳にするようになって久しいですね。同時に、様々な健康法やサプリメントが繰り返しブームになったりもしています。
 ラジオの健康番組を長年やってきて常に感じてきたことのひとつに、そう簡単にサプリメントに頼ってよいのだろうか!?サプリメントが必要なタイミングって、もう少し限られているのでは??という思いがあります。本来、必要な栄養素は普段の食事から摂るべきものであり、薬ほどではないにしろ高濃度の栄養素を一挙に身体に投入したのでは、肝臓に負担がかかってくる筈・・・。だからこそ、私は食事に拘る医師の言葉に耳を傾けたいと考えています。

 さぁ、そこで今回、お話を伺ったのは、「スーパーの食料品売り場で手に入れる最強のアンチエイジング・フード13種」(健康ジャーナル社)をお書きになった産婦人科医の別所健史(べっしょたけふみ)さんです。
 では、以下、伺ったお話をまとめてみましょう。


 そもそも、生きていくために酸素を利用する時に体内で必ず発生するのが、活性酸素。この活性酸素は、ウイルスなどの外敵から守ってくれるという役割も果たしている一方で、大量に発生してしまうと私たちの処理能力を超えてしまって、酸化ストレスを引き起こしてしまう。(しかもこの処理能力は、年と共に衰えてくるのだそうです。)そうすると、どうなるのでしょう?例えば、各細胞のタンパク質、糖質、脂肪、DNAなどが酸化してしまうと癌、糖尿病、アレルギー、心臓病、動脈硬化症、アルツハイマー病、白内障、緑内障、パーキンソン病、加齢黄斑変性、月経困難症、不妊症、シミ・シワなどの老化現象・・・・などに関わってくるというのです。
 となると、活性酸素を大量発生させない!発生しても処理できるように仕向けることが大切になってきますね。
では、どうすれば良いのでしょう!?

 先ず、どんな状況が活性酸素を大量発生させるかを知っておかなければなりません。
 驚いたことに、身体を動かせば良いというものでもないのですね。激しい運動は、大量の酸素を必要としますので、その分、活性酸素を大量に生み出してしまうのだそうです。また、紫外線、公害、排気ガス、タバコ、古い油で揚げた揚げ物、仕事や人間関係でのストレス、過度の飲酒・・・誰にでも降りかかってきそうなこうした原因で、活性酸素が大量に生み出されるのだそうです。
 ですから、避けられるものは避ける!!逃げられるなら、活性酸素の発生から逃げる!!大事なポイントとなりそうですね。

 とはいえ、真剣にスポーツに取り組んでいる人、仕事の環境を早々に変えられない人・・・逃げるわけにもいかない状況は沢山あるでしょう。ならば、発生した余分な活性酸素を処理する能力を高めれば良いわけです。それには、抗酸化物質を沢山含んだ食物を食べれば良いのです!!いわゆる、アンチエイジング・フード!!つまり、酸化ストレスを取り除いてくれる酵素が力を十分に発揮できるように必要なビタミン・ミネラルを沢山含んだ食物を食べれば良いのです!!
 抗酸化作用を持つ栄養素の代表格にビタミンCがあります。スポーツの後にレモン・・なんて、本当に理に叶っているんですね。普段なら酸っぱいレモンも汗をかいた後には美味しいし、揚げ物にレモンを絞るとさっぱりと食べられる・・・身体が欲しているからこそ美味しいと感じるのだと思うと、身体の創りの巧妙さが神秘的にさえ思えてきます。

 アンチエイジングのスーパーフード・top13として、野菜・果物・オリーブオイル・チョコレート・豆類・ナッツ・穀類・水・魚・ガーリック・酢・ワイン・海藻があげられています。
 チョコレート?良いの??と、思った方がいらっしゃいませんか!?そうなんです。カカオに含まれるポリフェノールがとっても素晴らしいらしいのです。が!、ご存知のように糖分が多量に含まれています。1日一口程度という註釈付きです。



 ・・・・というように、細かい注意点がありますので、是非、別所先生の本を読んでみてください。高価な健康食品やサプリメントではなく、毎日の食事、スーパーで手に入る食材でできる老化対策のヒントがふんだんに書き込まれています。
 やっぱり、一日でも長く健康でいたいし、若々しくいたいですものね♪




(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.