【今月の健康取材記】

ラジオの健康番組で伺った、専門家のとっておきの話!
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • キズ・ヤケドは乾かさない、消毒しない!:形成外科医・夏井睦 先生
    msfuwafuwa (06/07)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    聖子です。 (11/09)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    乳癌宣告受けました (11/05)
  • 化学物質、放射性物質・・・デトックスの方法はある?:整体指導きらくかん・奧谷まゆみさん
    (04/09)
  • インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
    セララ&#160; (03/01)
  • ホメオパシー:赤坂ロイヤルクリニック 渡辺順二 院長
    ワリオ (12/14)
  • インフルエンザワクチンについて
    ↑ (10/28)
  • インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
    通りすがり (10/28)
  • ホメオパシー:赤坂ロイヤルクリニック 渡辺順二 院長
    マリオ (10/20)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    野母伊志穂 (06/25)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
化学物質や放射性物質に曝される生活 緑蔭診療所・橋口玲子 医師
 海も大気も大地も、私達大人が放射能で汚してしまいました。日々汚染が進んでいく現実を真正面から受け止め、子供たちの信頼を取り戻すべく、私達は、これからの日本のあり方を考え行動していかなければなりません。
 同時に、毎日の暮らしをどのように営んでいくか・・・私達は、大きな課題と直面しています。

 少しばかり言い逃れても、目を逸らしたり耳を塞いでみても、呼吸をする度、食事をする度に、放射性物質を体の中に取り込んでいく事実は変わりません。だとすると、私達は、できるだけ解毒する・排泄する身体に整えていく必要があるわけです!免疫力を高め・抵抗力を高めて、身体を蝕もうとするガンや病気を物ともしない身体にしていけば良いのです!!
 そんな視点から、担当するラジオ番組でお話下さる方を取材しています。
今回は、ハーブ療法を診療に取り入れていらっしゃる、緑蔭診療所(神奈川県南足柄市)の医師・橋口玲子先生にお話を伺いました。


 ハーブ療法は、もともと、セルフケアにとても向いている自然療法です。医師が薬を使うほどではない不調に、ハーブティーの香りの揮発成分と溶け出た成分が、身体に穏やかに作用します。ゆっくりと湯気を吸いながら香りを楽しみ、温かい内に飲んでリラックスしましょう。
 香りの分子は、鼻の奥でキャッチされ、神経の電気刺激となって脳の記憶や感情をコントロールする部分にダイレクトに伝わるのだそうです。また、自律神経やホルモン、そして睡眠や覚醒をコントロールする部分にも、直ぐに伝わる・・・・ハーブの香りは、大事な要素の一つなのです。

 さて、怯えたり、後ろ向きの考え方は、免疫力の低下を招いてしまうことが判っています。日常生活の中に、リラックスして免疫力を高める効果の高いティータイムを取り入れてください。心が折れそうになったり、余裕が無くなったりした時に、一件無駄な時間とも思えるティータイムがとても高い効果を発揮してくれそうです。

 直ぐに手に入る物として上げられるのが、緑茶!炎症を鎮める抗炎症作用、、抗菌作用、ガンや動脈硬化の予防効果などがあげられています。正し、温かいお茶でも、身体を冷やしてしまう作用があり、カフェインを含んでいるので寝つきが悪くなる、頻尿などの影響も出てきます。気になる方は、午後の遅い時間に飲むのは避けた方が良いでしょう。
 午後からは、ジャーマンカモミールが、最適です!抗ウィルス・抗炎症作用、リラックス効果、身体を温める、胃腸の粘膜保護、筋肉の凝りを和らげる・・・素晴らしい効用ですね。


 さて、その他のハーブの効用については、橋口玲子先生の新しい本を、是非、読んでみてください。
「医師が教えるハーブ&アロマセラピー」(毎日コミュニケーションズ)ハーブを身近に取り入れるためのガイドブックになるのではないでしょうか?「できるだけ簡単に、解りやすく!という思いで書きました。」と、仰っていました!!


 尚、橋口玲子先生のブログは、こちらです↓

http://report.seiko-masuoka.net/admin/?mode=entry


ハーブ療法:緑蔭診療所・橋口玲子 医師
 神奈川県南足柄市にあります丘の上の診療所、緑蔭診療所の橋口玲子先生は、「体にやさしいハーブ生活」(幻冬社)・「ハーブ療法(補完・代替療法)」(金芳堂)といった本を書いていらっしゃる事でも解るように、診療にハーブ療法を始めとした代替療法を取り入れていらっしゃいます。
 お医者様が処方するハーブ!!・・・気になります。早速、お話を聞かせていただきました。

 健康志向の強い方ほど、薬に頼らないで病気に向かい合いたいと考える傾向があるかもしれません。橋口先生のところにも、降圧剤を止めたいからハーブを処方して欲しいといった患者さんがいらっしゃるそうです。でも、そんな患者さんに、ハーブを処方したりしません!と、先生はきっぱり。
 化学薬品が全て危険だという訳ではない、薬で症状をシャープに抑えることが必要な状態もあります。薬を使うほどでは無いけど、ベストな状態でもない、つまりハーブが有効な症状もあるのです。その人のその時の状態によって、どうするべきかを選択することが必要なのです。
 例えば、ずっと飲み続けていた降圧剤の代わりにハーブを処方することはありません。でも、いつもの薬を飲んでいても特別なことが起こって、その時だけ更に血圧が上がるなんていう場合には、リンデンというハーブを処方したりすると仰るのです。
 つまり、急な軽い不調や、体質的な弱点(冷え性だとか胃腸が弱いなど)、それ程ひどい状態ではない時期の病気などのセルフケアに向いているのが、ハーブ療法なのです。
 ハーブは、自律神経のバランスを調整してくれるのだそうです。交感神経と副交感神経のどちらかにだけ働くのではなくて、あるべき状態に整えてくれる・・・何と素敵!!
 又、コーヒーや紅茶、緑茶など、カフェインを摂りすぎる人にハーブがピッタリです。きっと、白湯では物足りないですからね。ついつい手が出てしまうカップには、コーヒーや緑茶ではなく、ハーブティーを注いでみてください。

 野菜や果物と、薬の丁度真ん中に位置するというハーブ、治療に有効な薬理成分を持った植物です。もっと気軽に生活の中に取り入れてみても良いかも知れません。実際、近頃、風邪気味の子供達にカモミールを中心にブレンドされたハーブティーをせっせと飲ませています。お陰で、風邪気味のまま上手に経過させました!ママが絶対に効くから飲んでごらんって薦めた時点で、子供たちは治り始めるような気がします。我が家は、母も子も、とっても単純〜っ!


 それにしても、橋口玲子先生の語り口調は、憧れてしまうほど素敵でした。とても理知的な、それでいてソフトで包容力のある・・・うん〜ん、緑蔭診療所が近所だったら、病気でなくても日参したくなるかもしれません。  

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.