【今月の健康取材記】

ラジオの健康番組で伺った、専門家のとっておきの話!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • キズ・ヤケドは乾かさない、消毒しない!:形成外科医・夏井睦 先生
    msfuwafuwa (06/07)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    聖子です。 (11/09)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    乳癌宣告受けました (11/05)
  • 化学物質、放射性物質・・・デトックスの方法はある?:整体指導きらくかん・奧谷まゆみさん
    (04/09)
  • インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
    セララ&#160; (03/01)
  • ホメオパシー:赤坂ロイヤルクリニック 渡辺順二 院長
    ワリオ (12/14)
  • インフルエンザワクチンについて
    ↑ (10/28)
  • インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
    通りすがり (10/28)
  • ホメオパシー:赤坂ロイヤルクリニック 渡辺順二 院長
    マリオ (10/20)
  • 「乳がんと牛乳」から学ぶこと
    野母伊志穂 (06/25)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
インフルエンザワクチンについて
 昨年、「インフルエンザワクチンは打たないで」(双葉社)の著者・母里啓子(もりひろこ)さんに伺った内容の一部をご紹介した取材記を書きましたが、インフルエンザの動向が気になる季節に入って以来、そのページへのアクセスがグンと増えておりました。
http://report.seiko-masuoka.net/?cid=30645
 実は、取材記を読んで、あるコメントが寄せられました。それを受けて回答させて頂いていたのですが、皆さんにも読んで頂きたいなぁと思い、以下に転記する事に致しました。


《頂いたコメント》
インフルエンザ脳症:小4女子児童が死亡 今シーズン県内初--五泉市 /新潟

 五泉市の市立小4年の女子児童(10)がインフルエンザ脳症で死亡していたことが5日分かった。同市健康福祉課が明らかにした。県によると、インフルエンザによる死亡は今シーズン初めて。

 同市によると、児童は12月28日、高熱で同市内の医療機関を受診。29日にインフルエンザ脳症と診断され、新潟市民病院に入院したが、3日早朝に死亡した。予防接種は受けていなかったという。

------------------------------------------------
インフルエンザは怖いです。
どうか間違った内容を垂れ流さないでください。
| ニュース | 2009/01/16 3:57 PM |



《聖子がお答えしたコメント》
 コメントをありがとうございます。
 そもそも、政治や企業に影響されることなく、情報発信できる場にしたいと、このサイトを立ち上げました。様々なご意見があって、当然だと思います。色々なお立場があってしかるべきだと思います。
 意見をお聞かせ頂けるのは、とてもありがたいことです。

 ちなみに、インフルエンザ脳症について、母里啓子さんは、著書「インフルエンザワクチンは打たないで」の中で次のように触れていらっしゃいます。

 「インフルエンザ脳症という言葉のせいで誤解されていますが、感染症に伴う脳症は、インフルエンザにかかったときだけ起こるわけではありません。脳症は、感染症にかかり、高熱が出たあとに引き続いて起こる、インフルエンザとは別の病気です。・・・中略・・・
 脳症の原因は、明らかになっていません。
 インフルエンザの感染から脳症になった子供の脳を調べると、インフルエンザ・ウイルスが入りこんでいないし、炎症も起こしていません。ですから、インフルエンザが直接の原因ではないということがわかるのです。・・・中略・・・
 厚生省では1998年、インフルエンザ脳症についての研究班を作り、脳症についての研究を進めてきました。・・・中略・・・ワクチン自体には脳症を防ぐ効果はない、との結果がはっきり出ました。」

 また、母里さんは、インフルエンザ脳症は、日本でのみ特に多いということから、日本で使われてきた一部の解熱剤や抗ウイルス薬の処方に問題があるのかもしれないということに触れていらっしゃいます。

 インフルエンザ脳症で亡くなったお子さんや、ご両親に思いを馳せると、同じ子供を持つ身として何とも言葉がありません。
 これからも、真摯な気持ちで情報発信していきたいと思います。  (増岡 聖子)



 タミフル耐性を持ったウイルスの出現も、タミフル乱用に警鐘を鳴らしていた一部の専門家は予想していました。
 新型インフルエンザへの危惧も考え合わせると、先ずは、個々の体力、気力、自己治癒力、免疫力を充実させることが大切なのではないかと思えてきます。今、自分に出来ること、それは、家族の食を整えること!家族の健康を願うこと!とても単純ですが、きっちり務めていこうと思います。
 
インフルエンザワクチンはいらない!:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・母里啓子さん
 もう、「インフルエンザワクチンは打たないで」(双葉社)という本をお読みになりましたか?今回取材させて頂いたのは、その著者・母里啓子(もりひろこ)さん。啓蒙活動を行う母なる里の人!お名前から、直ぐにそんなイメージが浮かんできました。
 とても静かに、包み込むようにお話してくださるお声から、全ての人に身体を大切にして欲しいと訴え掛ける優しさが感じられます。それだけに、母里さんが、この本を書かざるを得なかった状況の深刻さが、反対にひしひしと伝わってくるのです。

 インフルエンザウィルスは、遺伝子構成が変異し続けるという特性を持っています。どんなウィルスが流行るのかなんて、予想がつくはずも無い!曖昧な選定によるウィルスを、鶏の有精卵の中で増やし、ホルマリンを使って殺し、死んだウィルスの一部を取り出して加工する・・・。インフルエンザワクチンが、生ワクチンのはしかのワクチンと違って、効果が期待できないというのは、ここまでの説明を聞いただけでも納得がいきませんか?

 実は、インフルエンザワクチンが無用であるという事実が、過去に大掛かりな調査研究で証明されているのです。前橋リポート・・・ご存知でしょうか?
 1979年、群馬県の前橋市で、1人の児童がインフルエンザワクチン接種後に痙攣を起こしました。しかし、国は医師の申請を却下、それが副作用であることを認めなかったのです。前橋市の医師会は、1980年から集団接種停止を決めました。国が義務付けているインフルエンザワクチンを拒否する!!なんと勇気ある決断でしょう!!!しかも、その後5年間、前橋市と同規模の高崎市など、周辺の集団接種を行っている地域との比較研究が行われたのです。群馬県の衛生研究所と医師会が動いたのです。凄いっ。

 専門家達が、いわば国を敵に回してまで行った調査から明らかになった結果は、ワクチン接種地域と非接種地域に、インフルエンザの流行の大きさにおいて、なんら差が無い!という事だったのです。しかも、自然感染をした人のほうが、明らかに強い抗体を得ている。つまり、その後、インフルエンザに罹りにくくなったり、罹っても軽い症状ですんだり・・・。インフルエンザワクチンの無効性が証明されてしまったのです。

 とうとう、国は、1994年に小中学生への集団接種を中止するに至りました。でも、厚生労働省も製薬会社も挫けません。子供が駄目ならば、高齢者にと、ターゲットを変える作戦に出ました。どうしても作って売らなければならないようです。

 母里さんは、こうも仰いました。「インフルエンザワクチンの副作用を大袈裟に盾にするつもりはありません。でも、僅かだとはいえ、重篤な副作用の可能性があるのならば、必要の無いワクチン接種によってリスクを負う必要はありません。インフルエンザは、長くても一週間も寝ていれば治る病気です、自然のくれたお休みだと思って静かに寝ていてください。」

 本当に、その通りだと思います。
 取材の終わりに、母里さんから「良いお仕事をしてくださいね。」と声を掛けていただきました!勇気百倍っ!!本当の健康情報を、これからも発信していきますっ!!!

 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.